不要な家具を無料で処分出来る方法!元リサイクルショップ店長が片付けの段取りを解説

お得な片付け方法

こんにちは!

今回は元リサイクルショップで店長だった私が、不要な家具を無料で処分出来る方法を紹介します。

家具がいらなくなるタイミングとして、引越しや家具の買い替え、家の整理で断捨離や遺品整理などが挙げられると思います。

その時に問題になるのが、大きな家具類だと粗大ゴミで捨てるにしても外まで運び出すのが大変だという点です。

そういったケースを打開でき、なおかつ無料出来る方法があります。

今まで私が目利きしてきた全ての知識が少しでもお役に立てればと思います。

では早速みていきましょう。

家具メーカーを確認する

まず初めは家具メーカーについての情報を把握することです。

主に売れる家具というのは大塚家具や無印良品といった数万単位以上するメーカーのものが対象となります。

家具のほとんどはメーカー名が入っていないので、購入した当時の明細や領収書などあれば、メーカー名と商品名がわかります。

家具の状態が悪ければ、家具メーカーに問い合わせするか、店舗で不要な家具の引き取りができるか確認するのがいいかと思います。

同じメーカーであれば無料で引き取ってもらえる可能性があります。

その対象となるのは数十万円クラスの家具を取り扱っていっるメーカーになる可能性が高く、IKEAやニトリですと有料ですが引き取ってもらえるサービスがあるようです。

それから次の確認に入ります。

売れる家具かフリマアプリで調べる

最近はフリマアプリの普及でヤフオクやメルカリの落札履歴や、商品名から落札相場が見ることができます。

その際に同じような商品が売れていたら、売れる可能性が高くなります。

またリサイクルショップに相談や査定しても売れなかった場合は、フリマアプリを利用することをお勧めします。

リサイクル業界では主に店舗で販売することを優先して買い取りの対象を見極めていますが、フリマアプでは一般のユーザーが欲しいと思えば売買が成立します。

まずはヤフオクやメルカリで出品してみて反応をみてみるといいかもしれません。

ジモティの広告掲示板に投稿する

ジモティとは、フリマアプリとは異なり不用品を無料からでも投稿できるサイトです。

家まで直接引き取りに来てもらえるので、外への運び出しの手間なども手伝う程度で済むので、かなり使い勝手はいいと思います。ちなみに逆の立場で家具の購入にお金をかけたくないという方にも新生活のタイミングなどでは有効な手段の一つとなります。

私も以前、新生活で引っ越しをする際に冷蔵庫や洗濯機を数千円単位で引き取りに行ったことがあります。

別途で軽トラをレンタルする手間もありますが、引越しの荷物も一緒に運べるので、手伝ってくれる知人がいれば引越し費用も抑えることができます。

Amazonの家具引き取りサービスを利用する

最後はAmazonで家具を購入した際に類似品目であれば無料で引き取ってもらえるというサービスです。

これは家具の配送時に、不要な家具をその場で配送員が引き取ってもらえます。

あらかじめカスタマーセンターで依頼しておくか、当日口頭で配送員に伝えれば引き取りが可能です。

詳細についてはAmazonのサイトを確認の上、利用することをお勧めします。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=G8RXCR6G2565ZANX

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は不要な家具を無料で処分出来る方法について解説しました。

引越しや断捨離のタイミングでお金をかけずに使いたい人に譲ことで、再利用出来るので環境的にもいいですよね。

このような少し手間をかけて調べていくうちに、無料で家具を片すことが出来ます。

それでも見つからなかった場合は友人に聞いてみるか、粗大ゴミで処分するという選択肢も必要かと思います。

お金をかけずに家具を片付けるやりくりの一つとして捉えてもらえれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。