VTuberの超簡単!作り方・やり方・費用を徹底解析して見た

Vtuberで稼ぐ

どうも!

トッティです!!

今回は最近注目されているVTuber(バーチャルYouTuber)についての解明をしていきます。

VTuberとYouTuberの違いや、VTuberができるまでの経緯などをまとめていますので、バーチャルYouTuberを知りたい方は参考にしてください。

そもそもVTuberとは?

VTuber(バーチャルYouTuber)は、3DCGもしくは2Dなどのアバターを持つキャラクターがYouTubeで動画配信をすることを指します。

しかし、最近ではYouTubeだけの活動に留まらずニコニコ動画やSHOWROOM、REALITYなどといった動画配信サイトでの活動をするバーチャルYouTuberも多く見られます。

バーチャルYouTuberという言葉自体は、2017年当時はキズナアイだけを指す単語でしたが、電脳少女シロやミライアカリの登場により、総称として認識され用いられるようになりました。

VTuberの定義について

VTuberにはこれと言った定義が存在しません。もちろん3DCGもしくは2Dなどのアバターを用いる必要がありますが、YouTubeで活動していなければいけないということはありません。

現状では「架空のキャラクター」が動画配信を行ってしまえばVTuberとして認識され、それによって複数の配信ツールを掛け持ちするVTuberも数多く存在します。

VTuberの撮影形式

VTuberの撮影形式は、まずモデルが必要になります。そしてユーザーの動きをモデルに反映させるトラッキングを機能させます。

トラッキングするための機材は、Webカメラやモーションキャプチャー機器、スペックの高いPCが必要になります。

しかしこれらの技術介入が必要なVRデバイスや3DCGを用いた方法はあくまでオーソドックスなやり方であり、ゲーム実況アプリ「Mirrativ」のスマホ1つで誰でもVTuberになれるアバター機能「エモモ」の実装などによりVTuberの撮影形式のハードルは年々下がっています。

VTuber制作から運営にかかる費用

VTuber制作から運営にかかる費用は、ピンきりになりますが3DCGか2Dかでも大きく費用が変わります。

2Dではだいたい15万~100万ほどで、3DCGとなると50万~300万ほど費用がかかってしまいます。

もちろん業者に頼んで作ってもらうとなるとそこそこお金がかかってしまいますが、

クオリティの高さや修理などの対応が含まれるため、本気で運営したい人にはおすすめです。

一方全て個人でやる場合、費用は最低限に抑えることが可能ですが、1から学ぶとなると相当な時間を取られてしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

最近流行りのVTuberをやるかやらないかによって、今後の動向の楽しみ方が大きく変わってきそうですね。

僕も近々始める予定なので、その事についてもまとめていければと思います。