VTuberは8割の人達が重視しないモデルの作り方について

Vtuberで稼ぐ

どうも!

トッティです!!

今回は最近注目されているVTuberのモデル作成についての解説をしていきます。

ライブ配信するにせよ、動画を作るにせよ、まずはモデル(キャラクター、アバター)を用意する必要があります。

では、どうやってモデルを用意すればよいのでしょうか。モデルには、ふたつの種類があります。

既存モデル

簡単なのは、既存モデルを利用する方法です。

既存モデルといっても、まったくカスタマイズできないわけではありません。

どうすれば既存モデルを使えるようになるかというと、後述するバーチャルYouTuber支援ソフトをインストールするだけです。

たとえば、ソフトによっては顔や服装、アクセサリーを変えることができます。いわゆるキャラクターカスタマイズです。完全なオリジナルというわけではありませんが、個性を出すことは可能です。

オリジナルモデル



これに対し、新規に完全オリジナルモデルを作るのは手間がかかると思ってください。作るのが2Dモデルにせよ、3Dモデルにせよ、勉強が必要です。とくに3Dモデルの場合は、チームを組んで作業するか、または外注しないと厳しいかもしれません。

たとえば、3Dモデルの自作なら「Blender」や「Unity」というソフトの使い方を学びます。

Blender

Unity

外注で依頼する場合は、ココナラを利用する方法があります。

同サイトの「似顔絵・イラスト・漫画カテゴリ」では、「キャラクターモデリング・下絵」というカテゴリがあり、FaceRig用のモデリングを依頼できます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

まずはモデル設定というVTuberもキャラを形作るところからが始まりになりますね。

次回はモデルの動かし方などをまとめていきたいと思います。