Web系の職業訓練所の雰囲気と講義の学習内容について!30代が未経験の業界に転職するまで

37歳からの転職

 

今回は私がWeb系の職業訓練所に通い始めて1ヶ月半経った現在、講義の雰囲気や学習内容についての振り返ってみて、未経験からでも上手く学んでいくコツについてお伝えします。


✔︎
本記事の内容

・Web系の職業訓練所の雰囲気ってどうなの?

・講義の学習内容ってどんなのがあるのか?

・未経験だと講義についていけるか不安に感じる

 

これらの事が私の実体験を通してわかることが出来ます。

Web業界の転職を考えている方や、Webスキルを学び直したい方の参考になればと思います。

それでは、また記事の最後でお会いしましょう。

 

Web系の職業訓練所は厳しい環境

 

始めにお伝えしておきますが、Web系の職業訓練所は大変人気があり倍率も非常に高くなって来ています。

 

私の受けたところは3〜4倍ほどだったので、まず本気で受けてみようと思う方はこちらの記事を合わせてお読みください。

 

webデザインの職業訓練に合格したポイントを解説!面接対策と志望動機の答え方について

 

課題制作はすぐ始まる

 

ひと月に1個以上は課題制作があります。

ホームページを作成するに当たって、

 

✔︎ホームページ作成の流れ

・コンセプト設計

・フレームワーク作成

・サイト構築

 

これらのステップを踏んで一つずつ進んでいきます。

ここで、HTMLやCSSを学んだ直後からすぐに制作に入ることをお勧めします。

実際に教わったことは自身でやって経験を積まないと上手くなりません。

 

出来れば毎日復習をしたり、自身の制作で実践することで後々が楽になるはずです。

 

ポートフォリオ作成は大変

 

Web系の企業では、転職の際にWebスキルの実力を図るためにポートフォリオの提出を求めています。

全くの未経験では審査に落ちてしまいますが、自身の制作物があることで就職に有利に働きます。

その為、自身の最大のアピールポイントとしてポートフォリオの制作は不可欠になります。

 

✔︎ポートフォリオ制作

・ホームページ制作(コーポレートサイトなど)

・バナー広告用のデザイン

・ランディングページ

 

これらが最低限用意しておかなければなりません。

この中のデザインのクオリティや企業が求める切り口など、作品数は出来るだけ多く用意しておいた方がいいです。

その為、早い段階から作成を始めておかないと就職活動を始める時期も遅くなってしまいます。

 

講義で学んだことは、すぐにポートフォリオ制作と復習を兼ねて作成し始めた方が、制作に追われずに就職活動に専念出来るようになると思います。

 

職業訓練所の雰囲気について

 

職業訓練所の見学の際に、3つほど選定条件をつけておきました。

✔︎選定条件

・学校の雰囲気がいいか?

・勉強しやすい環境であるか?

・講師が現役であるか?

 

これらが最低限ないと入る意味がありません。

 

 

せっかく時間をかけて学ぶ以上は本気で学べる環境であるかが重要だと思います。

 

実際のところは皆さん社会経験があり、真面目で優しい方が多かったです。

 

その為、グループワークで関係性を作りやすく、課題や講義の情報交換なども積極的に行われています。

 

 

また、講師と補助講師がいるので分からないことがあっても、すぐに対応してくれて授業が滞りなく進めています。これがオンライン上であったら、インプットだけで実際には手を動かしての作業までは出来なかったかもしれません。

 

その為、通学できるところで条件が合うところが見つかれば、一度受けてみる価値はあると思います。

 

職業訓練を受けるまでの流れについては、こちらの記事と合わせてご覧ください。

 

職業訓練校を受ける条件とハローワークで必要な書類について解説

 

講義の学習内容について

 

Web系の職業訓練所も場所によって必須の学習内容が異なってきます。

私はデジタルマーケティングや、PhotoshopなどのWebデザインが学びたかったので、その条件に合う所に絞り込みました。

主な講義は以下のような項目を中心に学んでいます。

✔︎講義内容

・HTML&CSS

・Photoshop

・Illustrator

・マーケティング

 

これ以外にも動画制作やバナー制作などの課題が与えられて、自身で一から教わったことを実践していきます。なのでインプットだけでなく、アウトプットする機会のある学校を選んだ方が、自身のWebスキルの向上に繋がると思います。

 

実際に現場では、制作で追われていることが多く、なかなか教えてもらえる機会がないそうです。

 

その為、転職した際に、現場ですぐに通用するスキルを在学中に身につけておけばいけません。

 

なので、在学中に分からないことは講師に何でも相談する習慣と、自己突破力を磨き上げていくことが必要だと感じました。

 

未経験でも授業を上手く学ぶコツ

 

誰でも始めから出来るような業界ではないと思います。

そのために出来るようになる工夫と努力は必要となります。

 

✔︎上手く学ぶ3つのコツ

・課題は誰よりも早く終わらせるようにする

・制作物をたくさん真似してみる

・講師に改善点を聞いたりする

 

これらを意識して取り組むことで、素直で吸収力のある人材になれます。

例えばの話ですが、この能力はどの業界に行っても通用すると思います。

何度も繰り返していくうちに、作業に慣れていきデザインの基礎も身についていきます。

 

当たり前のことかもしれませんが、人よりも多く操作と練習をした方が有利になります。

 

そのモチベーションを切らさないように、上手く自分と向き合っていくことも大事にしていってみてください。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回はWeb系の職業訓練所の雰囲気と講義の学習内容についてまとめました。

 

まだ入学して1ヶ月半しか経っていませんが、結果的に入ってよかったと思っています。

年齢面でも20代から50代位まで幅広く受け入れており、同年代も多くいたので安心しました。

 

これからWeb業界に再チャレンジを考えている方の参考になればと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。