YouTubeで再生数を稼ぐのに一番重要なのはサムネイルだけではない!

YouTubeで稼ぐ

こんにちは。

トッティです。

前回お伝えしたいYouTubeのサムネイル作成に続けて、タイトル作成も非常に重要な要素となります。

つまりYouTubeの見てもらいやすいタイトルを付けることができれば、かなり効率よく再生数を稼ぐことができます。

私は動画作成において内容よりもこの2大要素に一番重きを置いてやっています。

今回は初心者でも簡単に再生数を稼げるタイトル作成の方法をご紹介します。ちょっとしたコツを知っているだけで、タイトル作成の幅がぐっと広がりますよ。

目次 

1、タイトル選定の重要さ

2、ヒットされるタイトルキーワード

3、まとめ

タイトル選定の重要さ

よくYouTubeを始める人に陥りがちなのは、いい動画を投稿していれば再生数が伸びると思われがちになります。その為に編集する作業時間を伸ばしても再生数に繋がらないと、継続するの大変で辞めてしまう方も多くいます。

その為に内容にこだわり過ぎるのはあまりオススメできません。7:3位の割合でサムネイルとタイトルを意識しましょう。

ヒットされるタイトルキーワード

どんな動画がヒットしているかリサーチが必要になります。人気YouTuberのタイトルやサムネイルはすでにチャンネル登録者がいる為、まずは新規での状態からいかにして見てもらえるかを工夫しなければなりません。

例えばトレンドのエンタメ情報など、テレビやネットで出ていないニュースを探している人達が、急に新情報が出てきたりすると思わず興味を惹かれてしましますよね。これと同様のようにトレンドに関連したキーワードで世の中に出ていない情報を盛り込んでいるタイトルはヒットしやすい傾向にあります。

音楽のジャンルですと、

Goose houseさんが有名アーテジスとのカバー曲を歌ったところから火がつきましたね。

これは人気ヒット曲を検索するとキーワードが関連動画として対象となる為、どんな人がカバーしているのかなとファンの方から流れてくる可能性が高くなります。

初めのうちはトレンドや有名な人達のキーワードを使って、再生数を集めるというやり方がオススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

新規でYouTubeを始められる方でも、タイトルのコツを掴むだけで再生数を伸ばすためにキーワードを意識する事の大切さが伝わってくれると嬉しいです。

ですが、あれもこれもジャンルを拡大してしまうと、何を発信したらいいか分からない、、、そんな事態に陥ってしまいます。

今回ご紹介したように、初心者のうちはジャンルを絞ってまずはその分野でのタイトル作成からチャンネル登録者を伸ばしていき、周辺ジャンルに手を広げていく。

この流れが最も手堅い方法だと思います。是非これからYouTubeにチャレンジされる方は参考にしてみてくださいね。