YouTubeアカウントを複数作成する方法!名前と画像の変更でログイン出来るやり方を大公開!

YouTubeで稼ぐ

こんにちは!

今回は、YouTubeアカウントを複数作成する方法についてまとめました。サブチャンネル用にログイン出来るやり方や名前と画像の選び方などを大公開します。

複数チャンネルを持つメリットはリスクヘッジのためでもあります。

いつどのタイミングで、著作権関連で動画が消されたり、YouTubeからチャンネル削除などの重いペナルティが課せられた時のために、複数チャンネルを運営することは当然であり、必須でもあります。

早速、そのアカウントの作り方について見ていきましょう。

YouTubeアカウントを複数作成する方法

よくYouTubeではメインチャンネルとサブチャンネルに分けて投稿するYouTuberを見たことがありませんか?

テーマごとにチャンルを作成することで特化型チャンネルを運営されている方も多いと思いますが、使い分けるメリットとして、メインの動画とは違った方向性で打ち出したりして、多様にチャレンジする事が出来ます。

あのヒカキンさんも複数チャンネルを運営していますで有名ですよね。

リスク回避のためには複数チャンネルを作るのは当たり前で、それ自体は特に不思議なことはありません。

複数チャンネルを運営して収益を得ることはなんともないのですが、もしも仮にYouTubeからアカウント停止(垢BAN)された時には、1つだけのアカウントだと最初から作り直さなければなりません。

そう言ったリスク回避のためにもサブチャンネルを作っておけば、メインチャンネルがダメになった場合でもすぐにサブチャンネルで投稿を移行する事が出来ます。

これはチャンネル登録してくれている視聴者さんにも安心感を与え、事前に誘導や告知をしておけるので、かなり重要な作業になります。

名前と画像の変更でログイン出来るやり方

原則的にGoogleアドセンスのアカウントは1人1つまでと決められています。

そのため、1つのアドセンスの中で同じメールアドレスを使用する方法と、違うアドレスを使ってアドセンスとひもづける方法があります。

この2つの違いについて説明していきます。

1、同じアドレスから複数チャンネルを作る方法

これは一番簡単な方法でありますが、メリットとデメリットがあります。

そもそもGoogleアドセンスとはYouTubeで収益を受け取るために必要なアカウントですが、アドセンス審査申請して合格したアカウントでなくてもチャンネルを作成することは出来ます。

勘違いしている人も大きかもしれませんが、決してアドセンス申請しているGoogleアカウントでYouTubeチャンネルを作成し、全て一つのGoogleアカウントにまとめる必要はありません。

これは仮にYouTubeで著作権侵害のペナルティーを受けた場合は、アドセンス自体も同時にペナルティーを受けてしまうからです。

2、違うアドレスを使って新しいチャンネルを作る方法

一度メインのアカウントからログアウトします。

その後、別のアドレスでチャンネルを登録した後にメインアカウントに紐付けをすれば完了です。

これをしておくことで、1つのチャンネルでアカウント停止してしまっても、サブチャンネルが生き残っていれば問題なくすぐに再開ができます。

YouTubeに置ける最大のロスは、投稿出来なくなる制限や収益が止まることですので、これらの対策を練っておけばスムーズに出来ると思います。

アカウントが削除される?

これは明らかに規約違反を犯した場合に限ります。

最近のテレビほどではないですが、過激な表現や言葉遣いなど問題のあるチャンネルは、通告もなく突然停止通告をうけることもあります。

そういったリスクを回避する上でも、事前の対策を行っていないと痛い目を見てしますことになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

私自身もはじめに作ったチャンネルがペナルティを受けたことがあり、その際は解除される3ヶ月間は投稿ができずにいました。上記のようなサブチャンネルがあれば、変わらず投稿し続けられたり収益も下がらずにできていただけに、だいぶ公開しました。

皆さんは、こういった事がないように気をつけてチャンネル運営をしていってくださいね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。